ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > 【フランス】テレワーク制度の活用進む
NEWS
2019.06.26

【フランス】テレワーク制度の活用進む

目次

フランスの非営利・相互型の社会保護団体であるマラコフメデリックヒューマニス(Malakoff Médéric Humanis)の新しい調査によると、テレワークを利用している会社員の数は増えている。

平均して月7日テレワークを利用している会社員は、2017年の25%から2018年には29%に上昇した。

テレワークを活用している会社員のうち92%は自宅で、35%は会社のサテライトオフィス、また21%はコーヒーショップやシェアオフィスなどの場所を利用し働いている。

 

フランスでは2017年に、在宅勤務の利用を促進するために労働法が改正され、多くの大企業が社員のテレワーク活用を推進している。実際に、テレワーカーの49%は、従業員数1,000人以上の企業で働いている。また、51%は役員クラスで、45%は35歳~49歳の間の年齢、そして大多数(97%)が正社員である。

 

テレワークの利点としては、90%が自主性の向上、89%が効率性の向上、85%がワークライフバランスの向上、疲労の減少、および54%が移動時間の短縮などを挙げている。

 

また、同時に54%が孤立や心理的影響の可能性について憂慮している。

 

According to a new study by Malakoff Médéric Humanis the number of employees using teleworking is increasing.
From 25% in 2017 to 29% in 2018 with an average of 7 days a month using telework.
Most of the employees are doing it at home (92%), but also from a satellite office of the company (35%) or from a tier place such as coffee shop, share offices etc. (21%).

 

Following a reform of the French labor code to simplify the use of teleworking in 2017, many large companies now offer their employees the opportunity to benefit from it (49% of teleworkers work for companies with more than 1,000 employees).

 

Among these employees there are 51% of executives, 45% are between 35 and 49 years old and the vast majority (97%) are on permanent contracts.

 

Among the benefits evoked are an increase in autonomy (90%), a better efficiency (89%), a better balance between professional and private life (85%), a decrease in fatigue (85%) and a reduction in travel times (54%).

 

At the same time 54% worry about possible isolation and psychological consequences.

SHARE
RELATED
RECOMMEND