ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > Anne Rigail、エールフランスを率いる最初の女性
NEWS
2019.04.05

Anne Rigail、エールフランスを率いる最初の女性

目次

史上初、フランスの航空会社、エールフランスが女性CEOを選出した。アンヌ・リゲは、エールフランスKLM会社を率いる最初の外国人 ベンジャミン・スミスの跡を引き継いだ。

 

彼女は、1991年にエールアンテールに入社、その後1997年にエールアンテールはエールフランスに吸収。パリ国立高等鉱業学校(l’Ecole des Mines de Paris)の卒業生である彼女は、この会社を熟知している。

 

49歳であるこの指導者は、春の賃金交渉の後もなお緊張した状況で、特に強力なパイロット組合との賃金交渉を行うことになる。

 

この15年間のストライキにより、会社に3億3,500万ユーロの概算費用が発生。また、一連の激しい闘争は、エールフランスのKLMジャンマルク・ジャナイヤック社長の突然の辞任をもたらし、続いて統括マネージャーのフランク・ターナーが9月に、人事部長ギルズ・ガタウが10月に辞任している。

 

彼女の就任は素晴らしいニュースであり、また、彼女は純粋なエアーフランスの’’製品’’でもある。搾取にまみれた中でアンヌはキャリアをスタートさせ、最初の会社の組合のバーナード・ガルビソ氏によると、すべてのステップを成功に変えながら次々と階段を昇ってきた。

 

For the first time in its history the French air travel company Air France elected a female CEO.

 

She succeeded to Benjamin Smith, the first foreigner leading the Air France KLM company and temporary Air France.

 

Anne Rigail, joined Air Inter in 1991, then Air France in 1996. This graduate of the “Ecole des Mines de Paris” knows the company perfectly.

 

The 49-year-old leader will be tasked with conducting wage negotiations, particularly with the powerful pilot unions, in a context that is still tense after the spring social conflict.

 

This hard conflict, marked by fifteen days of strike for an estimated cost of 335 million euros, led to the sudden departure of the boss of Air France-KLM Jean-Marc Janaillac, followed by those of the general manager Franck Terner in September and Director of Human Resources Gilles Gateau in October.

 

Her appointment “is excellent news because she is a pure Air France product, she began her career in the exploitation and climbed all the ladder with merit”, reacted Bernard Garbiso, of the CFE-CGC, the first union of the company, speaking of a “brilliant person, hardworking” and who “takes into account the revendication”.

SHARE
RELATED
RECOMMEND