ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > アメリカにおいて最も多様性のある職場とはどんなところか
NEWS
2019.05.04

アメリカにおいて最も多様性のある職場とはどんなところか

目次

Fortune誌は毎年「多様性のための最高の職場」を発表しており、今年はHiltonがトップに選ばれた。多様性の観点において、最良の職場とはどのようなところか。具体的な数値は下記のとおり。

 

少数民族の割合:69%
少数幹部の割合:12%
マイノリティのフロントラインマネージャー割合:69%
マイノリティの中間管理職の割合:37%
女性の割合:53%
女性役員の割合:29%
女性のフロントラインマネージャーの割合:40%
女性の中堅レベルのマネージャーの割合:54%
ベビーブーマーズ世代以上の割合:29%
障害のある人の割合:4%
LGBTQの割合:5%

Fortune released its annual “The best workplace for diversity” and this years Hilton took the first place.

 

What does the best workplace for diversity look like ?

 

% of Minorities : 69%
% of Minority Executives : 12%
% of Minority front-line managers : 69%
% of Minority mid-level managers : 37%
% of Women : 53%
% of Women Executives : 29%
% of Women front-line managers : 40%
% of Women mid-level managers : 54%
% of Boomers or older : 29%
% of People with Disabilities : 4%
% of LGBTQ : 5%

SHARE
RELATED
RECOMMEND