ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > 男女格差ランキング、日本は世界110位、またG7最下位
NEWS
2018.12.18

男女格差ランキング、日本は世界110位、またG7最下位

目次

世界経済フォーラム(WEF)は、新しいジェンダーギャップ報告書「The Global Gender Gap Report 2018」を発表した。報告書は、149カ国の経済、教育、保健、政治の4つの分野における14項目の格差の程度を示している。

 

10年連続で、アイスランドが1位となった。一方、日本は2017年の114位から2018年には110位にまで改善したが、まだ他のG7諸国をはるかに下回ったランクとなっている。(参考:フランス12位、ドイツ14位、英国15位、カナダ16位、アメリカ51位、イタリア70位)

 

完全な男女平等の場合のスコアを100%とし、日本のスコアは2017年の65.7%から2018年の66.2%に少し縮まった。世界平均は68.0%、G7平均は74.1%となった。

 

日本は2017年に比べて「政治への関与」と「経済活動」の分野の格差は縮まったが、他国の改善はより進んだため、ランク自体は低下した。(「経済活動」は114位から117位、「政治的への関与」は123位から125位)

 

女性国会議員の数は依然として少なく、女性の意思決定をはかる政治の分野で、順位を下げる要因となっている。

The World Economic Forum (WEF) just released its new gender gap report “The Global Gender Gap Report 2018”.
The report indexes how much disparity has narrowed in 14 items in four areas of economics, education, health, and politics in 149 countries.

 

For the 10 consecutive years, Iceland ranked first while Japan improved from 114th 2017 to 110th in 2018. But still ranking far behind the other G7 countries.
France 12th, Germany 14th, U.K 15th, Canada 16th, U.S.A 51th and Italy 70th.

 

Japan score improved a bit going from 65.7 in 2017 to 66.2 in 2018 for a world average at 68.0 and a G7 average at 74.1.

 

Despite higher scores compared to 2017 in political empowerment and economic participation Japan ranked respectively 117 (114 in 2017) and 125 (123 in 2017) due to a better improvement from the other countries in 2018. Politicians who participated in women’s decision-making felt that the number of women’s parliamentarians was still small and lowered the ranking.

SHARE
RELATED
RECOMMEND