ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > チリ大学、工学教育の多様性を高める革新的技術の採用で2018年エアバスGEDCダイバーシティ賞を受賞
NEWS
2019.01.07

チリ大学、工学教育の多様性を高める革新的技術の採用で2018年エアバスGEDCダイバーシティ賞を受賞

目次

チリ・カトリック大学(Pontificia UniversidadCatólicade Chile)のSaviaLab ダイバーシティ・イニシアチブは、エンジニア教育の多様性を高めるための技術イノベーションの活用が評価され、2018年エアバスGEDCダイバーシティ賞を受賞した。

SaviaLabイニシアチブは、チリの農村地域の先住民族や若者に、科学・技術・工学・数学(STEM)のアウトリーチ教育を提供することにより、教育格差を埋めることを目指している。

2014年以来、このイニシアチブは7地域から3,300人以上の学生にSTEMのキャリアパスを紹介。この「プレ・エンジニアリング」教育プログラムは、具体的なテクノロジーとイノベーションのツールを提供し、農村部の少数民族だけにとどまらず、チリ・カトリック大学に在籍中の少数民族の学生にまでインパクトを与えている。

エアバスが2012年にこのアワードを開始して以来、37カ国から140の機関を代表する198件のエントリーが提出されており、 2018年には19カ国から39件の応募があった。アワード開始から6年間で認められた18のファイナリストプロジェクトから、これらの取り組みがなければ工学部に進学しなかった可能性のある学生は125,000人以上にのぼる。

The SaviaLab diversity initiative from Pontificia Universidad Católica de Chile has been selected as the winner of the 2018 Airbus GEDC Diversity Award for innovative use of technology to increase diversity in engineering education.

The SaviaLab initiative seeks to bridge the gap of opportunity by offering science, technology, engineering and mathematics (STEM) outreach education to indigenous minorities and young people in rural areas across Chile.

Since 2014, the initiative has introduced over 3,300 students from 7 regions to potential STEM career paths. This educational ‘pre-engineering’ programme empowers others with concrete technology and innovation tools. The impact goes beyond the rural minorities to the university’s own students that represent minorities themselves.

 

Since Airbus launched the award in 2012, 198 entries representing 140 institutions from 37 countries have been submitted. For the 2018 edition, 39 entries were received from 19 countries. From the 18 finalist projects recognised in the first six years of the award alone, over 125,000 students who otherwise may not have chosen engineering have been directly impacted.

SHARE
RELATED
MORE
RECOMMEND