ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > 重度障害者がロボットで接客するカフェ、11月に赤坂でオープン
NEWS
2018.11.01

重度障害者がロボットで接客するカフェ、11月に赤坂でオープン

目次

重度の身体障害のある人が、自宅から遠隔でロボットを操作し接客するカフェが、東京・赤坂で11月にオープンする。

 

ロボットの開発者であるオリィ研究所所長吉藤健太朗(オリィ)氏は、「身体を動かすことができない人々も働くことができる世界を作りたい」と語った。

 

オリィ氏は、幼少期にストレスによる病気に苦しんだり、コミュニケーションが難しかったりした経験があるそう。同社のウェブサイトによれば、社会的な孤立を感じた経験から、人々をつなぐために、早稲田大学にてロボットを開発を開始したという。

A cafe will open in Tokyo’s Akasaka district in November featuring robot waiters remotely controlled from home by people with severe physical disabilities.

 

“I want to create a world in which people who can’t move their bodies can work too,” said Kentaro Yoshifuji, chief executive officer of Ory Lab. Inc., the developer of the robots.

 

Yoshifuji suffered from a stress-induced illness during childhood and had difficulty communicating. With his experience of social isolation, he started developing robots at Waseda University to help connect people, according to the company’s website.

SHARE
RELATED
RECOMMEND