ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > 米議会、初めて連邦政府職員へ育児休業を導入へ
NEWS
2020.01.16

米議会、初めて連邦政府職員へ育児休業を導入へ

目次

2020年10月1日より、米議会は、アメリカの連邦政府職員に、最高12週間の育児休暇を付与することとした。

議会で合意を得たこの新しい法案は、連邦政府の職員210万人以上の母親と父親が対象となる。

 

アメリカ合衆国労働統計局によると、育児休暇が導入されていない国は、米国、スリナム、パプアニューギニアの3カ国のみ。

 

現在は、非軍事的な連邦労働者のみが、最大12週間の無給の育児休業を取得することができる。

 

今回の導入は、大きな前進ではあるが、連邦労働者だけではなく、アメリカのすべての労働者に対して、子どもや家族の病気、また自分自身の病気の為に有休休暇を取得できるよう求めている為、多くの民主党員はこの新しい規制にまだ不満を抱いている。

 

女性と家族のための国家パートナーシップ代表のDebra Ness氏は、

「両親への新しい育児休暇は重要なメリットではあるが、育児介護休業法(FMLA)に基づいて無給休暇をとる人の4分の3以上は、自分自身の深刻な病気または新生児ではないが、愛する子供の為の休暇である」と述べた。

労働統計局によると、2018年には、民間部門の従業員の18%のみが有休家族休暇を取得。

 

ロサ・デラウロ下院議員とカーステン・ギリブランド上院議員が述べたように、各労働者の給与税の0.2%を取得することにより、すべてのアメリカ人労働者に有休休暇を与えることが可能となる。

 

カーステン・ギリブランド議員は、「これは、国内最大の雇用主が、基本的な育児休暇を提供し、大きな一歩を踏み出したことを意味する。将来、全ての家族の緊急事態に対する有給休暇が確実に追加されるよう努力しなければならない。」と述べた。

Starting October 1 2020 American federal workers will be allowed to take up to 12 weeks of paid parental leaves.

The new bill, officially approved by the congress, will affect over 2.1 million workers, mothers and fathers.

 

According to the world policy center, currently only 3 countries does not grant paid parental leaves for workers, the US, the Surinam and Papua New Guinea.

 

Previously, only non-military federal workers were allowed to take up to 12 unpaid parental leaves.

 

Despite a big step forward, many democrats are still unpleased with this new regulation. Their original demands included parental leaves for all America workers, not only federal workers as well as allowing the use of the leaves for taking care of sick children, family members or for self-medical requirements.

 

“While paid leave for new parents is a critical benefit, more than three quarters of people taking unpaid leave under the Family and Medical Leave Act (FMLA) do so to care for their own serious medical issue or a loved one who is not a new child,” said Debra Ness, president of the National Partnership for Women and Families.

 

According to the Bureau of Labor Statistics, in 2018 only 18% of private sector employees had access to paid family leaves.

 

As stated by Rep. Rosa DeLauro and Sen. Kirsten Gillibrand granting family leaves to all American workers can be sponsored by taking 0.2% of each workers’ payroll tax.

 

However, Gillibrand is still please such improvements are coming and hopes it will be a first step for more in the future. “This means that the largest employer in the country now provides basic parental leave, a huge step, and we must work to ensure that paid leave for other family emergencies will be added in the future,” she said.

SHARE
RELATED
RECOMMEND