ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > Micronによる、性別の多様性の取り組み
NEWS
2019.12.17

Micronによる、性別の多様性の取り組み

目次

コンピューターメモリとデータストレージの生産に特化したアメリカの企業Micron(マイクロン)は、2019年のD&Iレポートをリリースした。

 

まだ改善はできるが、1年で会社の性別の多様性は大きく後押しされた。その結果、会社の女性取締役の割合は、2018年の12.5%と比較して、2019年には25%に倍増した。同じことは、副社長の割合にも当てはまり、2018年の7.7%から2019年には13.5%となり、管理職においては、10.4%から13.5%となった。技術およびエンジニアリングは全体で1%の増加。現在は20.7%である。

 

この分野においては、日本のサイトの改善率が2%と最も高くなっているが、すべての国際サイトの中では、女性の代表者のわずか8.5%しか技術および技術職に就いていない。さらなる革新のために、マイクロンは「女性革新プログラム」を開始。その結果、このプログラムへの女性の参加が70%増加した。

 

ついに、マイクロンは、2019年度末の給与にて平等な賃金を支払う為に、83,000ドルの投資を実施した。

 

詳細は、こちら

Micron, an American company specialized in computer memory and data storage production released its 2019 D&I report.

 

While improvements are still possible, in one year, the company’s gender diversity has taken a big boost.Compared to the 2018 fiscal year, the company female board representation doubled in 2019. Going from 12.5% to 25%.
Same goes for its vice-presidents representation, going from 7.7% in 2018 to 13.5% in 2019.Senior leadership went from 10.4% to 13.5%.

 

Technical and engineering increased by 1% overall, now at 20.7%. The Japanese site had the highest improvement with 2%, however it is still the lowest representation among all the international sites, with only 8.5% of female representation in technical and engineering positions.

 

To further innovation, Micron launched the “Women Innovate Program” resulting in an increase of 70% of female participation in inventor ship.

 

Finally, the company commitment to equal pay resulted in an $830,000 investment to address differences in pay at the end of the 2019 fiscal year.

 

To access the full report, please click here.

SHARE
RELATED
MORE
RECOMMEND