ダイバーシティをビジネス視点で考える PINGUINC. > NEWS > 大手製薬会社、ジェンダーダイバーシティーの改善進まず
NEWS
2019.08.13

大手製薬会社、ジェンダーダイバーシティーの改善進まず

目次

FTSE350(ロンドン証券取引所に上場する企業のうち上位350)内の製薬会社におけるに管理職おいて、2020年までに主要企業における女性リーダーの割合を少なくとも3分の1にするという政府目標があるにもかかわらず、何も進歩が見られないことが最近の報告でわかっている。

 

2019年現在、FTSEの製薬会社は26%が女性管理職で、そのうち4%がP&Lの管理職、6%が上級管理職だ。

P&Lの役職はあらゆる役員の中でもっとも重要な役職の一つである。 

 

「過去4年間の取り組みで、Women CountはFTSE350が実力主義ではないと証明した」「我々は仕事における適任者と、役員委員会にとって多様性の価値における要素/条件とは何かを再定義する必要がある。ビジネスの現場から女性を排除した場合、彼女たちの才能を惹きつけ、またそれを維持するのは難しいだろう。これは管理職に限った問題ではなく、末端で働く人たちも含める。今こそ政府と投資家が変化を起こす時だ」とこの報告を出したパイプライン(Pipeline)社の創設者であるローナ・フィッチモンズ(Lorna Fitzsimons)は述べる。

 

パイプラインは2012年に女性の管理職を推進する手助けを行うためにつくられたロンドンを拠点とする企業だ。

A recent report show no progress of the number of female in senior positions for the pharmaceutical companies in the FTSE 350 (The index for the 350 biggest companies primarily listed in the London companies), despite the government target of at least a third of female leadership positions for all major companies by 2020.

 

Currently (in 2019) FTSE pharmaceutical companies have 26% of female executive committees, 4% in Profit and Lost loss?* (P&L) executive committees and 6% of executive directors.
*P&L position is one of the most important responsibilities of any executive position. 

 

“Over the last four years ‘Women Count’ has proven that the FTSE 350 is not a meritocracy.” “We need to redefine the BEST person for the job and factor in the value of diversity to the Executive Committee’s performance. Businesses severely limit the talent they attract and retain as well as their bottom line when they exclude women. It’s time for the government and fund managers to force change,” said Lorna Fitzsimons, co-founder of Pipeline, a company at the origin of the report.

 

Pipeline is a London based company created in 2012 to help organizations to promote female executives.

SHARE
RELATED
MORE
RECOMMEND